ブラジルの牛タン料理

syurasuko

サンパウロ市は日本の食材が最低限揃っている、世界でも数少ない町の一つなんだそうです。日本や韓国・中国からの輸入品ばかりがあるのではなく、ブラジル産の醤油やお味噌などの調味料や、お米、お餅、麺類の他にも日本の野菜や果物まで、何でも販売されているそうです。なぜならば 現在約150万人以上いると言われている、100年以上前に移住した日本人とその子孫の存在が、サンパウロ市や地方の町でもブラジルにいながらにして日本の食材が販売されているという状況を作ってきたのです。
話は変わって、ブラジルの代表的なお料理といえばなんといっても「シュラスコ」ですよね。長い串に刺した牛や豚のお肉を、ニンニクや岩塩で味付けしながら回しながら焼いたものを長い包丁のようなものではぎ取ってソースを付けて頂くお料理です。
(参考:子どもが好きな牛タンと、その思い出

ブラジルで牛タンが食べたければ、サンパウロの韓国系の焼き肉屋さんで、食べることができるそうです。またブラジルのスーパーには牛タンが丸ごと一本が(約1kgで500円くらいだそうです!安いですよね)普通に売っているそうです。また日本のネットスーパーでもブラジル産の牛タンがとても安く買えたりします。ブラジルの人はそんなに牛タンを食べることはないみたいなので、きっと日本人向けに売っているのでしょうか?なんといっても一番人気の牛肉の「シュラスコ」が消費されればされる程、牛タンもたくさんでるはずですから!

サイトマップ