仙台人が唸った、東京の名店

各都道府県にはそれぞれの名産やご当地グルメというものがあります。そしてそのご当地グルメは、ご当地の方々に愛されていることから、ご当地の人々は自分の地域にあるグルメについてあるていどの自信とこだわりをもっています。そのため、他県で自県のご当地グルメを展開しているような店に入ると、ついつい「この店はご当地の味を再現できていない」と批判的になるのも無理はないでしょう。しかし、どれだけご当地の方が厳しい味覚でその味を批判していたとしても、本当においしいものであれば唸ってしまうものです。今回はそのような流れで、仙台のご当地グルメである牛タンについて、仙台人が唸った東京の名店についてご紹介したいと思います。

gyutan_yaki

仙台人は牛タンに対してある意味で愛情よりも深い感情を持っているかもしれません。そのため、東京にある牛タンの店については偽物であるという先入観すら持って食べるかもしれません。しかし、そのような先入観を持ってしてもご当地の仙台人が唸るくらいの名店ですから、相当なおいしさがあると評価しても良いのではないかと思います。
(参考:牛タンをおいしくするとっておきの調理法

ではそんな東京の名店としてあげられるのが、タン屋利久です。この牛タン屋さんでは、仙台の味を再現するようにメニュー構成がなされており、本当にその味を具体化しているといっても過言ではないようなクオリティのものが提供されます。

また、この利久というお店のすごいところは、牛タンを単に焼肉という形だけではなく、パイタンスープであるとか蛇腹切りした牛タンを提供してくれるなどの非常にバラエティに富んだメニューがあるのも特徴です。このような店も、仙台人が唸ってしまう理由の一つなのかもしれません。

東京の食事は当たり外れがあり、単にネームバリューだけで行くと失敗するのも事実です。しかし、東京に本物の味があるのも事実ですので、一度、仙台人が唸ったこの名店に足を運んでみるのも良いかもしれません。

サイトマップ