本当にうまい牛タンはこれだ!

gyuutankyaki

牛タンというニッチな世界に足を踏み入れてしまうと、実は広大なその魅力のある世界にどっぷりと浸かってしまうことは間違いありません。そして、よりうまい牛タンを求めてあれやこれやと色々な牛タンを食べる度に出かけてしまうということもあり得るでしょう。これは一時期流行ったストリートファイターのようなもので、自分より強い奴に会いに行くように、自分が今知っている一番うまい牛タンよりもさらにうまい牛タンを探しに行くというようなものです。自分はこのようなうまい牛タンを探す旅をしている一人なのですが、その自分が教える「本当にうまい牛タン」はこれだ!というものを皆さんにも知っていただきたいと思います。

本当にうまい牛タン、それはある条件がいくつも重なった時に見つけることができます。その条件の一つであるのが、業界用語でいう「黒タン」であることです。黒タンというのは表面が黒い色をした牛タンのことであり、一見すると品質が悪いような感じもするのですが食べてみるとかなり脂がのっていて美味しい牛タンの種類となっています。
(参考:仙台人が唸った、東京の名店

なぜ黒タンが美味しいのかというと、黒毛和牛という日本における最高級の牛から取れる牛タンであることが大きな理由だといえるでしょう。

そしてこの黒タンであるという条件に加えて、その黒タンのタン元と呼ばれる部位を選択する。これが本当にうまい牛タンです。タン元は牛タンの中でも一番脂がのっている部位であるため、黒毛和牛の脂の乗りに加えてタン元の脂の乗りが相乗効果を生み出しますので、本当に美味しい風味と食感を醸し出してくれる一品となります。

焼肉屋さんなどで出てくる普通の牛タンにもうまいものは多々ありますが、黒タンであるとともにタン元でもあるという牛タンはなかなか巡り会えるものではなく、他の牛タンに比べて美味しさの質が格段に違います。ですので、この黒タンのタン元、これが本当にうまい牛タンだといえるでしょう!

サイトマップ