焼き肉やシチューだけじゃない、牛タン料理あれこれ

近頃では、牛タンを通信販売で取り寄せることができるような時代になったので、わざわざ焼き肉店まで出向いて牛タンを食べるということもしなくてもいいようになりました。おまけに、牛タン料理の本場ともいえる仙台にある人気店などから、すでに味付けされた牛タンを通販で取り寄せることもできるようです。そうなると仙台の人気店の牛タンが、お家でも食べることができるということです。

gyuu_tan

それから、仙台で人気のあるお店の牛タンを見て驚いたのは、何せスライスされた牛タンの厚みが分厚いという点です。ちなみに焼き肉の牛タンといえば、焼き肉店で塩ダレやレモン汁につけて食べる方法しか知らなかったのですが、というよりもそれで十分満足をしていたようなところもあります。ところが、仙台の牛タン専門店などのメニューを見ると、牛タンを分厚くスライスするのは当たり前のようですね。そんなことから、目から鱗が落ちるような心境で牛タン料理について調べてみることにしました。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛タンに含まれる栄養素

すると、実にいろんな牛タン料理があるようですね。しかも近頃の通販では、牛タンに使う輸入牛の舌を丸ごと真空パックにしたものを取り寄せることも可能なのですね。そんなグロテスクな牛の舌を丸ごと通販で取り寄せた場合には、分厚く切った牛タンをステーキにして食べることもできます。ステーキとはいっても、ただ単にフライパンで牛タンを焼き上げるのではありません。焼き肉店で牛タンを薄くスライスしてあるのは、とにかく肉質が硬いからなのです。従って、弱火で数時間牛タンを煮て食べるのです。要するに、豚の角煮を作る要領ですね。

その他にも、牛タンをサイコロステーキのように一口サイズに切って玉ねぎと一緒にフライパンで焼いたり、あるいは回鍋肉やチンジャーロースに使う豚肉の代わりに牛タンを使うことも可能です。もちろん、舌の中でも一番硬い根元部分は、牛タンシチューにすると食べやすいと思います。

サイトマップ